高齢化が進むにつれて看護師が辞めたい心境を訴えると一層困惑する看護職場

高齢化が進むにつれて看護師が辞めたい心境を訴えると一層困惑する看護職場

高齢者が年々増加し、男女とも平均寿命が80歳を超える社会が続いているため、医療機関や介護施設を増強する必要性が設備、人材共に追いつかない程だと言われています。この事態を物語るように昨今は、医師の過重労働が社会的な問題になっている程ですが、医師の指示の下で幅広い医療行為に携わる看護師も相当、きつい業務に従事しているようです。

ストレスのかかりやすい医療現場で高くなる離職率

記事のイメージ画像

医師や看護師は多くの人の命を預かる仕事ですから、患者一人ずつ異なる体調や病状に合わせた医療を施す際、ミスを許されない立場です。従って、辞めたい心境を抱えていてもおかしくありません。業務従事中に続くこの緊張感から起こるストレスは精神的な疲れとなって日常生活に影響を与えるはずです。また、看護師の勤務する多くの医療機関では24時間、365日体制の交代勤務を行っていて、現状の医療現場の殆どがまだ女性で占められていますから、肉体的にも体調を崩しやすい職員が多くなっています。こうした心身の疲れで辞めたい心境になりやすく、やりがいのある仕事に就いていながら退職、あるいは転職したいと考える看護職員が後を絶たず、離職率が高くなっています。

離職しても仕事にやりがいを感じている潜在看護師

医療現場からの求人需要増に応えて毎年、5万人以上の国家試験合格者が医療機関を中心にして医療現場へ送り出されています。既に、看護業務の職場で150万人以上の看護師が働いている一方で、この国家資格を使っていない潜在看護師が6、70万人も発生していると言われています。しかも、これらの退職した潜在看護師の多くが医師の指示の元とはいえ、在職中に自らの医療行為に専念できる仕事にやりがいを感じていたことも知られています。他の職業の人には手の出せない専門的なスキルの多い仕事ですから、今後、社会が少子高齢化社会へ向かって行くと医療機関や介護施設における看護職の役割の一層増えることが間違いないわけです。

家庭生活と両立できる働き方の模索が続く看護職場

従って、本人もさることながら社会としても現役で働いてもらえないことは大きな損失だということです。看護職に就いていた人の多くは仕事上で発生する心身の緊張感によってストレスが高まり、家庭生活との両立が上手くできなくなり、職場に嫌気がさして辞めたいと言っても専門性のあるスキルに誇りを感じていると言います。看護職場の人手不足を解消するには妊娠、出産、育児の過程で退職して家庭に入った人が再就職する場合に住まいの周辺で職場が見つけられたり、短時間勤務出来る看護職場が必要のようです。家族との生活と両立できる働き方を希望するケースが多いことにヒントがあるということです。

まとめ

高齢化が一層進んでくると個人毎に異なる高齢患者の体調や症状変化に気を付けなければならない緊張感が高まってくるので、医師や看護師がそのストレスを回避したくて辞めたい心境が芽生えることもありますが、人の命を預かる医療業務にやりがいを十分に感じて頑張る医師や看護師が多いようです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

人間関係で悩んでいる看護師が気をつけたいこと
看護師の転職は、一人一人に合った時期を見極めることも大切です
看護師の人が転職をする際には履歴書が重要になります
看護師の転職前に面接の練習も重要です
看護師の転職は、具体的な志望理由を持つことも大事です
看護師の転職活動のメリットと失敗するリスクを考えて、備えることも大事です
看護師が知りたい転職成功のコツとは
面接での自己PRと看護師の転職の準備に注目です
看護師は年齢の若く、経験の浅い内に起こしやすい転職や離職の心境
看護師としての転職のメリットを考える
デメリットに注意しながら、看護師の転職を進めることも大切です
看護師として夜勤なしで働きたいなら転職を考えよう
看護師は引く手数多で転職回数は技術の進歩
看護師の転職先としてクリニックが選ばれる訳
看護師の転職時にお祝い金ありの求人にも注目です
看護師の転職は何年目が理想的か
看護師の転職で初日に安心して働けることも重要です
新人の看護師が転職を考えるのは悪いことなのか
看護師の給料の比較と転職活動に注目です
看護師の職場あるあると不満の改善の転職に注目です
看護師としてやりがいを感じる出来事は
看護師が退職する時の手続きってどういうのか
看護師が気になる転職先の決め方とは
看護師としてスキルアップするために必要なこと