看護師は年齢の若く、経験の浅い内に起こしやすい転職や離職の心境

看護師は年齢の若く、経験の浅い内に起こしやすい転職や離職の心境

医療技術の進歩の他に医療、介護の保険制度が進んだお蔭で男女ともに世界でトップクラスの寿命を誇れるようになりました。このため、高齢者が既に人口の4人に1人以上を占めるようになりましたが、将来的には3人に1人になるだろうと言われています。

社会の多方面から期待やニーズの高まる看護師需要

現在、平均寿命と健康寿命の間には10年程度の期間があり、高齢になるにつれて健康寿命を伸ばそうと頑張っていても徐々に体力や気力の低下することが避けられず、医療機関や介護施設の世話になる人が増えることはやむを得ないことと捉えられています。そこで、こうした高齢者の増加を見越して高齢者を対象に健康維持を目的として医療機関や介護施設の増強を図り、医師、看護師あるいは介護士等の関係職員を増やそうとしていますが、求人難により人材不足で、折角、増強した施設の収容能力を活かせない事態も起こっているようです。中でも、業務の性質上、医療機関や介護施設以外にも多方面で活躍できる看護師に対する社会各方面からの期待やニーズが大きいわけです。

若い年齢の女性看護師が働き続けられない要因

従って、雇用市場で求人募集が続いているわけですから、仕事の内容や職場の人間関係、あるいは、家庭の事情等で転職するケースが多くなっています。毎年、大学や専門学校から5万人ほど、看護関係の卒業生が国家試験をパスして実社会に飛び込んでいるにも拘らず、看護師の求人募集に十分な応募者が集まっていません。その主要因として看護職場の多くが若い年齢の女性で占められていて、結婚、出産、育児の時期に働き続けることが難しく、家庭に入ってそのまま潜在看護師になっていることが挙げられます。また、看護や介護の仕事が24時間、365日の交代勤務が休みなく続き、患者等の命を預かる仕事ですから、相当ストレスのかかる仕事であることも要因として挙げられます。

転職や離職する気持ちを起こさずに働ける職場環境

もちろん、本人は看護師の仕事を選択する決心をした時に覚悟したことでしょうが、患者等は一人ひとりの体調が日々、刻々と異なるので、勤務中は医師の指示の下で常に気を抜けない仕事を続けるわけですから、年齢が若く、経験の浅い内は心理的な負担が常に大きいことでしょう。中でも、患者等が高齢者ばかりになると、元気さを失いかけて無口になりがちな患者とのコミュニケーションを取ることに神経を使うケースが増えているはずです。医療機関や介護施設等の運営者は看護師のこうしたストレスのかかりやすい業務内容であることを意識し、若い年齢の看護師が転職する気持ちを起こさずに働き続けてもらう職場環境や人間関係を形成できる配慮が必要になっています。

まとめ

看護師の業務には患者の寝起きや移動など、力を要する肉体労働も含まれていて、肉体的なストレスが大きいケースもあるので、看護職場に男性をもっと増やす努力をすることと職場環境を見直したり、働きやすい人間関係を形成する必要性が高くなっています。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

高齢化が進むにつれて看護師が辞めたい心境を訴えると一層困惑する看護職場
人間関係で悩んでいる看護師が気をつけたいこと
看護師の転職は、一人一人に合った時期を見極めることも大切です
看護師の人が転職をする際には履歴書が重要になります
看護師の転職前に面接の練習も重要です
看護師の転職は、具体的な志望理由を持つことも大事です
看護師の転職活動のメリットと失敗するリスクを考えて、備えることも大事です
看護師が知りたい転職成功のコツとは
面接での自己PRと看護師の転職の準備に注目です
看護師としての転職のメリットを考える
デメリットに注意しながら、看護師の転職を進めることも大切です
看護師として夜勤なしで働きたいなら転職を考えよう
看護師は引く手数多で転職回数は技術の進歩
看護師の転職先としてクリニックが選ばれる訳
看護師の転職時にお祝い金ありの求人にも注目です
看護師の転職は何年目が理想的か
看護師の転職で初日に安心して働けることも重要です
新人の看護師が転職を考えるのは悪いことなのか
看護師の給料の比較と転職活動に注目です
看護師の職場あるあると不満の改善の転職に注目です
看護師としてやりがいを感じる出来事は
看護師が退職する時の手続きってどういうのか
看護師が気になる転職先の決め方とは
看護師としてスキルアップするために必要なこと