看護師は引く手数多で転職回数は技術の進歩

看護師は引く手数多で転職回数は技術の進歩

記事のイメージ画像

一般的に転職や転職回数のイメージは、ひと所に腰を据えられない甲斐性無しと思われがちですが、技術職に関しては、一概にそうとは限りません。ひと昔前では、看護師は看護婦と言われていたほど、女社会でしたが、そのイメージも払拭されつつあります。

看護師は患者さんの命を預かる仕事

看護師は患者さんに対して、点滴の針を刺す、陰部洗浄を行い、痰培や血培を採取し、心配事に傾聴し、時には怒責されます。夜勤があり、日常生活のバランスが難しいです。この様な多忙極まる職場で、人手が少なく、厄介ごとも多い現状にあります。これでは、人の心にゆとりは産まれず、常に時間に追われている心情となります。その中で後輩や新人の指導に懇切丁寧な態度は取れない人が多いと予想されます。そうなると、ピリピリした雰囲気の職場となり、心身疲れ果て、退職に繋がると考えられます。入職仕立ての方は特に精神的負担が大きいはずです。転職回数も増すばかりです。

職場を辞めることは悪いことではない

心身が疲れ果て転職する場合もありますが、別の技術をマスターするためや金銭面の改善を求めるなどの積極的な理由での転職も考えられます。どの様な理由であれ、退職する方は多い。転職回数も人によっては10箇所以上の方もいます。看護師は点滴や整容など患者の様々な処置に関わりますが、どの職場でも同じ仕事ではないのです。精神科であれば、より患者さんの話に傾聴するでしょうし、眼科であればあまり点滴は使用しないはずです。その科により行う処置が異なり、修得する技術が違います。医師が行う術式に関する知識や薬の知識も異なります。

転職回数が技術修得の回数と捉える

転職の度に新しい技術を得ていると考えると、転職はプラスに捉えて良いはずです。色々な科や病気を経験しておけば、それだけ色々な症状や性格の患者に対応出来ます。むしろ積極的に転職することをお勧めします。看護師は引く手数多で直ぐに新しい職場が見つかります。職場でどうしてもやっていけないと感じていたら、また新しい技術を修得しに行こうと考えると気持ちも楽だと感じます。逃げることも時には必要です。また、心機一転、環境を変えて頑張るつもりで問題ないです。1度離れることで、良い職場だったと感じることもあり、その時は戻れば良いのです。

まとめ

最近は男性の看護師さんが増え、一時よりは女性職場という考えが薄れています。そして男性が入ることで、女性同士の職場よりも柔らかい職場になっていると考えられます。我慢も必要ですが、逃げて一呼吸置くのも1つの手です。それができる職種です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

高齢化が進むにつれて看護師が辞めたい心境を訴えると一層困惑する看護職場
人間関係で悩んでいる看護師が気をつけたいこと
看護師の転職は、一人一人に合った時期を見極めることも大切です
看護師の人が転職をする際には履歴書が重要になります
看護師の転職前に面接の練習も重要です
看護師の転職は、具体的な志望理由を持つことも大事です
看護師の転職活動のメリットと失敗するリスクを考えて、備えることも大事です
看護師が知りたい転職成功のコツとは
面接での自己PRと看護師の転職の準備に注目です
看護師は年齢の若く、経験の浅い内に起こしやすい転職や離職の心境
看護師としての転職のメリットを考える
デメリットに注意しながら、看護師の転職を進めることも大切です
看護師として夜勤なしで働きたいなら転職を考えよう
看護師の転職先としてクリニックが選ばれる訳
看護師の転職時にお祝い金ありの求人にも注目です
看護師の転職は何年目が理想的か
看護師の転職で初日に安心して働けることも重要です
新人の看護師が転職を考えるのは悪いことなのか
看護師の給料の比較と転職活動に注目です
看護師の職場あるあると不満の改善の転職に注目です
看護師としてやりがいを感じる出来事は
看護師が退職する時の手続きってどういうのか
看護師が気になる転職先の決め方とは
看護師としてスキルアップするために必要なこと