看護師の転職は何年目が理想的か

看護師の転職は何年目が理想的か

看護師として働く場合には、さまざまな仕事をこなすことになります。やりがいのある仕事でもありますが、状況によっては転職を考える方も少なくありません。何年目が理想的な時期なのか、チェックしていきましょう。

5年未満で職場を移る方が多い傾向がある

看護師として働いていくうちに、人間関係に悩み職場になじめず辞めてしまう方や職場を移る方もいます。この場合には比較的短期間で行動する方が多い傾向もありますが、ある程度、職場で経験を積んでキャリアアップなどのために転職を希望する方もいます。キャリアアップや仕事に対しての目標など持っている方は、自分の成長のためや収入アップなどさまざまな思いから転職を希望することもあります。転職時、ある程度経験したことが評価になることもあるため、5年未満程度で転職を希望する方もそれなりに多い傾向があるのも特徴です。また、10年以上の経験がある方なども職場を移る方もいるため、人それぞれ目的や生活状況などいろいろな要素がからみますが、ある程度の経験を持った状態で転職をする傾向があります。

何年目が理想的な時期か判断してみる

仕事の経験を積んでおくことで、看護師としてはそれが転職時にある程度評価となり給料に反映される傾向がある点から、あまり短期間で次の職場に移ることは、得策とは限りません。そのため、3年未満よりも3年以上経験を積んだ状態で次の職場に移るというほうがある程度の経験を積んでいることが評価の対象になるケースもあります。ですが、本人の年齢や職場の状況や生活状況などさまざまな点から考慮する必要もあるため、人によって理想的な時期は異なるということも覚えておきましょう。重要なことは、自分で職場の状況や自分の置かれている状況をしっかりと把握してタイミングよく職場を移りましょう。

状況によっては早い段階で次の職場に移ることも大切

職場によっては、自分と性格が合わない方など人間関係に悩むことがあります。それはストレスとなり仕事に支障がでてしまうこともあるでしょう。また、仕事がきつい、人手不足により職場一人一人に対する負担が大きいなど肉体的疲労による限界を感じることもあります。その状況で無理をしていると体調不良の原因にもなるため、職場がそのような状態なら何年目が理想的など考えずすみやかに転職を希望するほうが賢い選択といえるでしょう。看護師の仕事を見つけるためには、専門の転職サイトを利用してみることで、募集をいろいろとチェックできます。自分の生活状況を改善するためにもスムーズに次の職場を探すことが理想的です。タイミングをみて職場を移ることも大切ですが、心身ともに限界まで抜け出せない状況を避けることも大切なことです。

まとめ

看護師として転職を希望する場合には、タイミングをみて職場を移ることが大切です。ある程度の経験を積んだ状態ならある程度評価の対象になります。ただし、人間関係や仕事のきつさなど心身ともに負担が大きいなどの理由の場合にはできるだけ早く次の職場を探すほうがいいでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

高齢化が進むにつれて看護師が辞めたい心境を訴えると一層困惑する看護職場
人間関係で悩んでいる看護師が気をつけたいこと
看護師の転職は、一人一人に合った時期を見極めることも大切です
看護師の人が転職をする際には履歴書が重要になります
看護師の転職前に面接の練習も重要です
看護師の転職は、具体的な志望理由を持つことも大事です
看護師の転職活動のメリットと失敗するリスクを考えて、備えることも大事です
看護師が知りたい転職成功のコツとは
面接での自己PRと看護師の転職の準備に注目です
看護師は年齢の若く、経験の浅い内に起こしやすい転職や離職の心境
看護師としての転職のメリットを考える
デメリットに注意しながら、看護師の転職を進めることも大切です
看護師として夜勤なしで働きたいなら転職を考えよう
看護師は引く手数多で転職回数は技術の進歩
看護師の転職先としてクリニックが選ばれる訳
看護師の転職時にお祝い金ありの求人にも注目です
看護師の転職で初日に安心して働けることも重要です
新人の看護師が転職を考えるのは悪いことなのか
看護師の給料の比較と転職活動に注目です
看護師の職場あるあると不満の改善の転職に注目です
看護師としてやりがいを感じる出来事は
看護師が退職する時の手続きってどういうのか
看護師が気になる転職先の決め方とは
看護師としてスキルアップするために必要なこと