新人の看護師が転職を考えるのは悪いことなのか

新人の看護師が転職を考えるのは悪いことなのか

看護学校を無事に卒業して、新人看護師として病院で配属され、イザ仕事場に就いて見ると、学んだことととは大違いで戸惑うことやミスをしてしまい、辞めたくなってしまうと言った人も少なくからずいるようです。そんな人看護師で転職は、悪いことなのでしょうか

実際の現場で知ることになるハードワーク

記事のイメージ画像

看護師として仕事をしてみて、想像した以上のハードワークから、ストレス等から押しつぶされそうになった経験を持つ人も多いはずです。実際の現場は、学び舎とは違い現実の違いに驚くことがたくさん出て来ることが考えられます。そんな時に小さなミスもしがちになり、ますます仕事に対し不安を持つことになってしまうこともあるのでしょう。しかし、簡単に辞めてしまっては周囲にも迷惑をかけることになるし、自分の将来にも傷が付くと考えることがあっても当然なことになります。ですがその時、キチンと転職しなかったことで、後々後悔するようではいけません。

慣れないことからの不満や不安が襲ってくること

この新人が実際に働いてみて、辞めたい理由の多くは、自分がこの職業に向いていないと思ったと言う意見です。新人だからと言って失敗は許される訳ではありませんし、学校とは時間との戦いと言うことも現場ならでのは、難しさとなるからです。また、人間関係の難しさに耐えることが出来なく、辞めたと言う意見も聞かれます。そして誰もが考える所の、夜勤に慣れないと言うことも挙げられています。昼夜が逆転することで、生活習慣に狂いが出てしまうことから、精神的に疲れることがあるようです。結局は、仕事の内容と給与の面が一致しないことが、最終的に辞めると言った判断を下すようになる言われます。

第二新卒を求める病院が多くなった

最近の傾向として、新人看護師の10%ほどが、この早期退職に繋がっていると考えられます。病院の多くがその状況ですから、病院でも新たな募集を行う所も多くなります。その時言われるのが、第二新卒と言う言葉です。今では、その第二新卒を積極的に受け入れる体制も整り、多くの病院も歓迎する傾向になっています。新人の時に悩んだことを、再度病院へ持ち込まないことから、面接時点ではっきりすることが出来る良さも、出て来ます。また、病院側でもその苦労を知っていることから、仕事の工夫をすることで、働きやすい職場を目指すことが出来るメリットも生むことになり、歓迎されることが多くなっています。

まとめ

元来が好きな仕事として資格まで取った訳ですから、看護師として働きたいと考えるのが当然です。その時、転職の理由がキチンとしているのであれば、受け入れる病院はたくさんあります。新人だからと言って無理に我慢する必要はないと考えるべきです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

高齢化が進むにつれて看護師が辞めたい心境を訴えると一層困惑する看護職場
人間関係で悩んでいる看護師が気をつけたいこと
看護師の転職は、一人一人に合った時期を見極めることも大切です
看護師の人が転職をする際には履歴書が重要になります
看護師の転職前に面接の練習も重要です
看護師の転職は、具体的な志望理由を持つことも大事です
看護師の転職活動のメリットと失敗するリスクを考えて、備えることも大事です
看護師が知りたい転職成功のコツとは
面接での自己PRと看護師の転職の準備に注目です
看護師は年齢の若く、経験の浅い内に起こしやすい転職や離職の心境
看護師としての転職のメリットを考える
デメリットに注意しながら、看護師の転職を進めることも大切です
看護師として夜勤なしで働きたいなら転職を考えよう
看護師は引く手数多で転職回数は技術の進歩
看護師の転職先としてクリニックが選ばれる訳
看護師の転職時にお祝い金ありの求人にも注目です
看護師の転職は何年目が理想的か
看護師の転職で初日に安心して働けることも重要です
看護師の給料の比較と転職活動に注目です
看護師の職場あるあると不満の改善の転職に注目です
看護師としてやりがいを感じる出来事は
看護師が退職する時の手続きってどういうのか
看護師が気になる転職先の決め方とは
看護師としてスキルアップするために必要なこと