看護師としてやりがいを感じる出来事は

看護師としてやりがいを感じる出来事は

看護師を目指す場合には、いろいろと勉強をして知識を身につけることも必要です。また、働く現場ではそれなりに忙しい、厳しい状況などにも直面することもあります。そのため、仕事としてはそれなりにハードな面もありますが、やりがいを感じる仕事であるということも忘れてはなりません。

患者さんとの信頼関係を築くことにやりがいを感じる

看護師の仕事をする上で、患者さんとコミュニケーションを取り信頼関係を築くことは重要です。入院している患者さんなどの場合には、長期間、関わりがある可能性もでてくるため、できるだけ患者さんとコミュニケーションを取り患者さんとの距離を縮めていくことはとても重要です。また、信頼関係を築くことに対してやりがいを感じるという方もいるでしょう。患者さんの中には気難しい人や気軽に会話しにくいタイプの方もいます。そのような患者さんに対してもしっかりとコミュニケーションを取り少しずつ信頼関係を築いていくことで、患者さんも徐々に心を開いてくれます。その過程に対してやりがいを感じることがあります。

職場の先輩を目標にして頑張ることにやりがいを感じる

記事のイメージ画像

職場では、経験が浅い時期においては先輩方の仕事ぶりを目の当たりにするでしょう。さまざまなことに対して臨機応変に対応することが求められる職場でもあります。ですが、先輩方の場合には、それまでに培った経験があるため的確な判断で仕事をこなしているため、それを目標にするといいでしょう。ある程度経験を積むことで、同じように仕事をこなすことができると信じて、先輩方の仕事ぶりを目標にしながら頑張ることでやりがいを感じるということもあります。基本的に仕事で、なんらかの目標を持つということは、その目標に向かって頑張ることができるため、自身の成長にもつながります。

退院する患者さんからの感謝の言葉で充実感を得る

仕事をすることで、自分が担当する患者さんが順調に回復し、元気に退院していくことは嬉しいものです。そのことに対しても仕事をしっかりとこなしてきたかいがあると実感する方もいるでしょう。ですが、それ以上に、退院する患者さんからのありがとうというお礼の言葉や退院後にもわざわざ担当した看護師に対して会いに来てくれる方もいます。ちょっと顔を見せてくれただけでも、やはり嬉しいものです。担当したからには患者さんには元気になってもらい、その後も病気をしたり、入院するような状態にならず元気に過ごしてくれることは、看護師として願うことであり元気な姿で会いに来てくれることで仕事をやっていてよかったとまた頑張ることができます。

まとめ

看護師としてのやりがいは、患者さんとのコミュニケーションや回復後の患者が元気な姿を見せにきてくれることです。また、仕事上、職場の先輩を目標に頑張るなど現場でもやりがいを感じることができます。重要な仕事でそれなりに現場は忙しい職ですがやりがいを感じられる大切な仕事といえるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

高齢化が進むにつれて看護師が辞めたい心境を訴えると一層困惑する看護職場
人間関係で悩んでいる看護師が気をつけたいこと
看護師の転職は、一人一人に合った時期を見極めることも大切です
看護師の人が転職をする際には履歴書が重要になります
看護師の転職前に面接の練習も重要です
看護師の転職は、具体的な志望理由を持つことも大事です
看護師の転職活動のメリットと失敗するリスクを考えて、備えることも大事です
看護師が知りたい転職成功のコツとは
面接での自己PRと看護師の転職の準備に注目です
看護師は年齢の若く、経験の浅い内に起こしやすい転職や離職の心境
看護師としての転職のメリットを考える
デメリットに注意しながら、看護師の転職を進めることも大切です
看護師として夜勤なしで働きたいなら転職を考えよう
看護師は引く手数多で転職回数は技術の進歩
看護師の転職先としてクリニックが選ばれる訳
看護師の転職時にお祝い金ありの求人にも注目です
看護師の転職は何年目が理想的か
看護師の転職で初日に安心して働けることも重要です
新人の看護師が転職を考えるのは悪いことなのか
看護師の給料の比較と転職活動に注目です
看護師の職場あるあると不満の改善の転職に注目です
看護師が退職する時の手続きってどういうのか
看護師が気になる転職先の決め方とは
看護師としてスキルアップするために必要なこと