看護師が退職する時の手続きってどういうのか

看護師が退職する時の手続きってどういうのか

何かしらの要因で働き先を辞める事になった方も思います。そういう時に悩むのが、退職する際に何が必要なのかです。辞めれば何でも良いのではなく、出来れば円満退職を目指したい方が多いはずです。その後を含めた手続きとやってはいけない事を説明します。

転職の意志を伝える時のポイントとは

まず大切なのが、退職の意志を伝えて退職日を決める事です。引き継ぎもありますので、何も伝えずに退社は大問題になります。法律上は、2週間以内と書いてありますが余裕を持って3ヶ月前には伝えた方が良いです。退社を伝えるのは直属の上司です。他の方の場合は少々問題があります。同僚から伝えると、先に同僚の方が貴方の退社を伝えてしまう事があります。また直属の上司を抜けて会社のトップ等に伝えれば、大問題に発展する可能性があるので避けます。退社理由は会社の悪口にならないように、前向きな言葉で正直に伝えるべきです。そしてこの時のポイントは、今の職場は貴方がらしく働ける場所かどうかです。場合によっては、引き止められる場合もあります。後々、後悔しないような選択をする事を忘れないようにします。

受け取る物と返す物の確認をしよう

退社日が決まったら、期限が来る前に予め受け取る物と返す物の確認をします。まず受け取る物は、雇用保険被保険者証と離職票そして年金手帳と源泉徴収票です。雇用保険被保険者証は、次の職場に提出する義務があります。離職票は、ハローワークへ行き失業保険を貰う時に雇用保険被保険者証と一緒に提出しなければならない物です。年金手帳は看護師の場合、働く時に病院側に渡してそのまま保管して貰っている場合が多いです。自分の収入を証明できる源泉徴収票は、次の職場に提出する必要や家を借りる時等に使われます。そして返す物は、健康保険証と病院側が指定する物です。これに限っては、病院によって何を返さなければならないのかが変わります。ですので、いざ退社日になってドタバタしないように病院側に確認します。

看護師が退職後にやるべき手続きとは何か

退職した後も、やるべき3つの手続きがあります。まずは雇用保険です。近くのハローワークへ行き、失業給付の手続きを行う必要があります。被保険者証と離職票の他にも身分証明書と通帳そして写真2枚と印鑑が必要になります。また退職した状況によって、貰える時期等が変わります。心配な方はハローワークに確認した方が良いです。次に年金の手続きです。退職してから14日以内に終わらせるように決められているので、出来るだけ早めに行います。看護師の場合、病院に預け忘れたままでは手続き出来ないので返して貰っているか確認します。最後に健康保険の手続きです。過ぎても加入できないという訳ではありません。しかし年金と同じく14日以内にと決められているので、同じく出来るだけ早めに手続きを済ませます。

まとめ

まず円満退職を目指すには、3ヶ月前から退職する事を伝えます。伝えるべき相手は直属の上司です。退社の理由は正直に、しかし前向きな言い方で伝えます。次に貰う物と返す物のチェックです。貰う物を貰わなければ、保険の手続きがスムーズにいきません。特に返す物は、病院によって違います。その為、病院側に予め確認して貰う必要があります。最後に退社した後に雇用保険と年金、健康保険の手続きを行います。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

高齢化が進むにつれて看護師が辞めたい心境を訴えると一層困惑する看護職場
人間関係で悩んでいる看護師が気をつけたいこと
看護師の転職は、一人一人に合った時期を見極めることも大切です
看護師の人が転職をする際には履歴書が重要になります
看護師の転職前に面接の練習も重要です
看護師の転職は、具体的な志望理由を持つことも大事です
看護師の転職活動のメリットと失敗するリスクを考えて、備えることも大事です
看護師が知りたい転職成功のコツとは
面接での自己PRと看護師の転職の準備に注目です
看護師は年齢の若く、経験の浅い内に起こしやすい転職や離職の心境
看護師としての転職のメリットを考える
デメリットに注意しながら、看護師の転職を進めることも大切です
看護師として夜勤なしで働きたいなら転職を考えよう
看護師は引く手数多で転職回数は技術の進歩
看護師の転職先としてクリニックが選ばれる訳
看護師の転職時にお祝い金ありの求人にも注目です
看護師の転職は何年目が理想的か
看護師の転職で初日に安心して働けることも重要です
新人の看護師が転職を考えるのは悪いことなのか
看護師の給料の比較と転職活動に注目です
看護師の職場あるあると不満の改善の転職に注目です
看護師としてやりがいを感じる出来事は
看護師が気になる転職先の決め方とは
看護師としてスキルアップするために必要なこと