辞めたい時にチェック!20代・30代におすすめの看護師転職サイトまとめ

1年目で看護師を辞めたくなったらまずは転職

看護師の世界は楽ではありません。これまで順調に学生生活を送ってきた人は、職種に適性がないと感じて暗い気持ちになることもあるでしょう。しかし焦らずに、いったん落ち着いて考えることが大切です。職種に適性がないのではなく、職場が向いていないだけかもしれません。看護師としてキャリアを積んでいくことを、早々に諦めてしまう必要はないです。1年目 に仕事を辞めたいと感じることがあったら、職場を変えるために転職することを検討してみてください。環境が変われば嘘のように働きやすくなるケースも珍しくないからです。現在の職場は忙しすぎて新人教育が十分でない可能性もあります。転職先を選ぶときは新人教育のシステムが充実しているところを選ぶのがおすすめです。判断が難しい場合は、昨年の離職者の数をチェックしてみましょう。離職者の多いところは、新人に負担がかかりやすい環境である可能性が高いです。そのため、なるべく離職者の少ないところを選ぶのが基本といえます。

あまり深く悩まないことが大事

自分は看護師に向いていないと感じても、あまり悩まないことが大切です。新人のうちは仕事のミスが多くても仕方がありません。ベテランの看護師であっても、新人のころは失敗が多かった人もいるでしょう。いずれ上達すれば良いので、ミスをしても落ち込む必要はありません。また、人間関係が好ましくない場合も同様です。職場には気の合う友人が集まっているわけではないからです。相性が悪い同僚や先輩がいるのは当然といえます。そのような人がいても協力して働かなければなりません。悩んでも解決しないことなので、仕事と割り切って対応するのも一つの手です。仕事を通じて打ち解けられる場合もあるので、深く考えずに仕事に集中することがポイントです。看護士としてのプライドと責任を持って仕事に打ち込めば、自ずと悩みは薄れていくものです。仕事に自信を持てるようになると、悩みを小さく感じる余裕もでてきます。まずは仕事をしっかり覚えることに専念してください。

やり直しはいくらでも出来る。

自分を追いつめて逃げ道をなくしてしまう看護師もいます。苦労して看護師になったからには、失敗は許されないと考えていないでしょうか。その認識が強すぎると、働くのがつらくなってしまいます。それが分かっていても、実際にミスをすると落ち込んでしまうことが多いかもしれません。そのような人は、人生は何度でもやり直しが可能であることを肝に銘じましょう。失敗を繰り返すことによって、人類は発展してきました。間違えることが新しいことを学ぶきっかけになるのです。仕事においても、まったく同じことがいえます。ミスをして嘆いているだけでは成長できません。それを繰り返さないようにする方法を学ぶことが大切です。それを心がけて精進していれば、仕事の精度の高い看護師になれるでしょう。人命に関わるようなミスをしたのであれば、深く受け止める必要があります。そうでないならやり直しはいくらでも可能なので、成長のチャンスが訪れたと考えると良いです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

高齢化が進むにつれて看護師が辞めたい心境を訴えると一層困惑する看護職場
人間関係で悩んでいる看護師が気をつけたいこと
看護師の転職は、一人一人に合った時期を見極めることも大切です
看護師の人が転職をする際には履歴書が重要になります
看護師の転職前に面接の練習も重要です
看護師の転職は、具体的な志望理由を持つことも大事です
看護師の転職活動のメリットと失敗するリスクを考えて、備えることも大事です
看護師が知りたい転職成功のコツとは
面接での自己PRと看護師の転職の準備に注目です
看護師は年齢の若く、経験の浅い内に起こしやすい転職や離職の心境
看護師としての転職のメリットを考える
デメリットに注意しながら、看護師の転職を進めることも大切です
看護師として夜勤なしで働きたいなら転職を考えよう
看護師は引く手数多で転職回数は技術の進歩
看護師の転職先としてクリニックが選ばれる訳
看護師の転職時にお祝い金ありの求人にも注目です
看護師の転職は何年目が理想的か
看護師の転職で初日に安心して働けることも重要です
新人の看護師が転職を考えるのは悪いことなのか
看護師の給料の比較と転職活動に注目です
看護師の職場あるあると不満の改善の転職に注目です
看護師としてやりがいを感じる出来事は
看護師が退職する時の手続きってどういうのか
看護師が気になる転職先の決め方とは
看護師としてスキルアップするために必要なこと